お陰さまで当院は4周年を迎えます|平日・土曜 10:00~21:00|3月の日曜営業は 3/3,3/24です

施術の考え方

医学の祖・ヒポクラテスの時代から、ヒトは痛むところに手をあててきました。
癒し、癒されるきほんの手あて。手をあてて治癒が起こる仕組みをお伝えします。

痛みは体からのサイン

​こんな笑い話があります。
患者・「先生、右の膝が痛いんです」
医者・「それは年のせいですね」
患者・「それはおかしいです」
   「右も左もおなじ年なのに左は痛くありません」

左膝が痛いことを年のせいにされる…

よくあるケースですが、それだけではありません。骨盤や姿勢のゆがみから生じる前後左右のバランスの崩れを知らせるサインとして、左膝が痛みを訴えているのです。

私たちが大切にしているもの

誰しもが母親の胎内で十月十日を過ごして、この世に生まれてきます。
筋肉、骨格という目で見てわかるこの身体は「テンセグリティ」という特殊な構造に例えられます。

tensegrity
テンセグリティ模型・20面体

木の棒とゴムでできたこの模型は、互いに支えあってバランスを取りながら形を保っています。
ヒトに例えると、木の棒=骨、ゴム=筋肉です。

私たちの体もこの模型とおなじように、筋肉と骨格は引っ張ったり引っ張られたりして前後左右のバランスを取っています。その結果、私たちは背中を伸ばして2本の足で歩くことができるのです。

歩くことがヒトの証

ヒトがほかの哺乳類と異なるのは、二本足で直立歩行ができるからです。
体はそのためにデザインされていると言っても過言ではありません。

スーパーで牛乳を買いました。
左手にビニール袋を持ったら、体はすこしだけ右に傾きます。
そして体は左右に揺れながらバランスを取り、歩いています。

このとき、どっちの足から出そうとか、目線を上げて青信号を確認して…
などといちいち考えたりしません。

無意識のうちに体が動いて絶妙なバランスを取り、買いもの袋を落とすことなく家まで歩いて帰ります。このバランスを取る仕組みを姿勢反射といいます。

痛みが取れるのはあとから、まずはしっかり立てること

当院には「痛いのを楽にしてほしい」という方もお越しになります。
そのような時は、まず骨盤の位置を安定させて2本の足でしっかり立てることを目標にします。

骨格が本来のバランスを取り戻すことで、施術後すぐに痛みが軽減するケースもあれば、数時間~数日経って違和感が消えることもあります。

このほか、痛み以外の症状も根本をたどるとすべては【骨格のゆがみ】にたどり着きます。

立つ、歩くはヒトの基本

生まれてきた赤ちゃんの知能が急激に発達するのはいつでしょうか。
それは、腰が据わって遠くを見渡せるようになった時期と重なります。

腰が据わる=骨盤が安定し、背骨にまっすぐに重力がかかる。
これが脳をはじめとする体の働きを目覚めさせ、自己治癒力を最大限に発揮させる理想的な姿。

痛みなく歩けるには、背骨にまっすぐ重力がかかることが重要です。

骨格のバランスを整えた結果、体の動きがスムーズになる、肋骨が上がって呼吸がしやすくなります。
さらには血行が回復して手足が冷えにくくなる、免疫力が高まって風邪をひきにくくなるなど根本的な体質改善にもつながります。

その場しのぎでない、根本的な治癒を目指す

当院の施術は、痛いところを押したり揉んだりしない理由をおわかりいただけたでしょうか。

一人ひとり体のクセやこれまで生きてきた経験は異なります。
手をあてて【骨格のゆがみ】を整える手あてにより、根本的な体質改善を目指します。

本来の姿勢に戻り、自己治癒力が高まることで気持ちにも余裕が生まれます。
当院はあなたが「自分らしく生き生きと過ごせる人生」を応援します。

初回施術の流れ

①カウンセリング
最近の気になる症状、これまでの病歴、日常生活でのお悩みごとなど心と体に関することをお尋ねします。

カウンセリング あい治療院

②検査
施術前に気になっているところを中心に姿勢や動きを確かめます。
痛みの有無と腕の上がり方など動きの範囲を見て行きます。

検査法 足上げ

③施術
背骨、肩甲骨、骨盤など主要なところに手をあてて骨格のバランスを整えます。気になることがあれば、施術中でも遠慮なくお尋ねください。

脊柱 骨格調整 自律神経

④説明・再検査
施術後に体の様子と本日行った施術の内容をご説明します。
あわせて、次回までのセルフケアなど注意事項もお伝えします。

検査法 カウンセリング

ご予約・お問い合わせ

公式LINEのご登録をいただいた方は、初検料無料です。

初回・LINE割引
きほんの手あて 初回 11,000- ⇒ 8,800-

LINEからご予約いただき、メッセージで「LINE割引を希望します」とお伝えください。